国内推奨論文紹介

この度、広報・教育ワーキンググループの活動の一環として、本邦からの論文の中で会員の皆様に是非読んでいただきたいと思うものをピックアップし、その論文をご紹介することを開始致しました。
 
(眼炎症学会広報・教育ワーキンググループ)
委員長 慶野博
委 員 井出光直、高山圭、田中理恵、坪田欣也、中村友子、平松友佳子、山名智志
■2020年1月~2021年12月までに発表された論文の中から10報ご紹介いたします。

続きを読む(PDF)

非感染性ぶどう膜炎に対するアダリムマブ使用例の後方視的検討 伊沢英知,田中理恵,小前恵子,中原久恵,高本光子,藤野雄次郎,相原 一,蕪城俊克 あたらしい眼科. 2021 38(6):719-724.

続きを読む(PDF)

Mucosal-associated invariant T cells have therapeutic potential against ocular autoimmunity Yamana S, Shibata K, Hasegawa E, Arima M, Shimokawa S, Yawata N, Takeda A, Yamasaki S, Sonoda KH. Mucosal Immunol. 2022 15:351-361. doi: 10.1038/s41385-021-00469-5. フォークト・小柳・原田病(VKH)などの自己免疫性ぶどう膜炎は、網膜抗原を認識する病原性T細胞によって誘導された

続きを読む(PDF)

Incidence of endophthalmitis after intravitreal injection of an anti‑VEGF agent with or without topical antibiotics Morioka M, Takamura Y, Nagai K, Yoshida S, Mori J, Takeuchi M, Sawada T, Sone K, Fukuyama H, Kusuhara S, Yasukawa T, Murakami T, Tabuchi H, Nagasato D, Hirano T, Ueda T, Jujo T, Sasajima H, Mitamura Y, Ishikawa K, Inatani M.Sci Rep. 2020 10(1):22122. doi: 10.1038/s41598-020-79377-w.

続きを読む(PDF)

結核性ぶどう膜炎の臨床像と治療の検討 多田明日美,岩橋千春,中井慶,南場研一,岡田アナベルあやめ,慶野博, 高瀬博,福田祥子,後藤浩,臼井嘉彦,蕪城俊克,水木信久,安積淳,園田康平,武田篤信,大黒伸行 日本眼科学会雑誌. 2021 125(4):415-424. 目的:日本における結核性ぶどう膜炎の臨床像と治療内容を明らかにすること

続きを読む(PDF)

An open-label, prospective, single-arm study of switching from infliximab to cyclosporine for refractory uveitis in patients with Behçet's disease in long-term remission Ida Y, Takeuchi M, Ishihara M, Shibuya E, Yamane T, Hasumi Y, Kawano S, Kimura I, Mizuki N. Jpn J Ophthalmol 2021 65(6):843-848. doi: 10.1007/s10384-021-00872-2.

続きを読む(PDF)

Multiplex Solid-Phase Real-Time Polymerase Chain Reaction without DNA Extraction DNA精製不要のマルチプレックスリアルタイムPCRの開発: 眼科微量検体を用いた術中迅速診断 Ophthalmology. 2021 May;128(5):729-739. doi: 10.1016/j.ophtha.2020.09.028.

続きを読む(PDF)

Use of systemic corticosteroids in patients newly registered at a claims database with a diagnosis of non-infectious uveitis: results from a real-world claims database analysis Umazume A, Ohguro N, Okada AA, Namba K, Sonoda KH, Tsuruga H, Morita K, Goto H. Jpn J Ophthalmol. 2022 66(4):394-404. DOI: 10.1007/s10384-022-00923-2. 【目的】本邦における非感染性ぶどう膜炎(NIU)治療に対する、治療開始12か月間の全身ステロイド薬の処方量を検討すること。

続きを読む(PDF)

Retinal vascular inflammatory and occlusive changes in infectious and non-infectious uveitis 感染性および非感染性ぶどう膜炎における網膜血管の炎症および閉塞性変化 Kaburaki T, Fukunaga H, Tanaka R, Nakahara H, Kawashima H, Shirahama S, Izawa H, Komae K, Takamoto M, Soga H, Aihara M. Jpn J Ophthalmol. 2020 64(2):150-159. doi: 10.1007/s10384-020-00717-4.

続きを読む(PDF)

Distinguishing Features of Anterior Uveitis Caused by Herpes Simplex Virus, Varicella-Zoster Virus, and Cytomegalovirus 単純ヘルペスウイルス、水痘帯状疱疹ウイルス、サイトメガロウイルスによる前部ぶどう膜炎の臨床像の解析 Am J Ophthalmol. 2021 227(7):191-200. doi: 10.1016/j.ajo.2021.03.020. 寺田裕紀子1) 2), 蕪城 俊克3), 高瀬 博4), 後藤 浩5), 中野 聡子6), 井上 幸次7), 丸山和一8), 宮田和典2), 南場 研一9), 園田 康平10), 金子 優11), 沼賀 二郎1), 福島 正哉3), 堀口 乃恵4), 井出 光直4), 江原二三枝7), 宮崎 大7), 長谷川 英一10), 望月 學2) 4)

続きを読む(PDF)

Recommendations for the management of ocular sarcoidosis from the International Workshop on Ocular Sarcoidosis. 国際眼サルコイドーシスワークショップによる眼サルコイドーシス治療に関する提言 Br J Ophthalmol 105: 1515-1519, 2021. doi: 10.1136/bjophthalmol-2020-317354. 高瀬 博1), Nisha R. Acharya2), Kalpana Babu3), Bahram Bodaghi4), Moncef Khairallah5), Peter J. McCluskey6), Nattaporn Tesavibul7), Jennifer E. Thorne8), Ilknur Tugal-Tutkun9), Joyce H. Yamamoto10), Narsing A. Rao11), 7th IWOS Study Group, Justine R. Smith12), 望月 學1)13)